糖尿病と運動

糖尿病と運動

糖尿病の治療において食事とともに基本となるのが運動です。
運動をすると筋肉が働きます。筋肉が働くためにはエネルギー源としてブドウ糖が必要となります。
ということは、運動をすると筋肉は血液中のブドウ糖を取り込みますその結果として血糖値が下がります
このように、インスリンの働きが悪く糖尿病の人には、適度な運動をすることがとても大切です。

ただし、空腹時での運動は避けるようにしましょう。
空腹時は血糖値が下がっていますので、逆に低血糖になってしまう危険があります。

糖尿病の人が運動するに適した時間帯というものがあります。
血糖値は食後1時間〜1時間半でピークになります。この時間帯に運動をはじめると効果的に血糖値を抑えられます。

誰でもすぐにはじめられる運動としては、ウォーキングやジョギングがあります。
どちらも有酸素運動で糖尿病の人の運動として適しています。有酸素運動としては、水泳や自転車(サイクリング)もあります。

これらの運動を1日500キロカロリー燃焼することを目安にやります。
ウォーキングでしたら30分〜40分ほどです。軽いジョギングでしたら20分ほどです。
運動による血糖値への効果は約48時間と言われていますので、毎日でなくても1日間隔くらいでしてください。

また、生活習慣の中に、運動を取り入れることも考えるといいです。
通勤や買い物などでなるべく歩くようにします。エレベーターやエスカレーターを使う場面で、階段を上り下りするのもいいです。

ただ、体調が良くないとき、例えば血糖値が良くないときや高血圧の場合は、運動によって合併症を引き起こすこともありますので、医師と相談の上、適切に行ってください。

血糖値を下げるサプリメント

私も飲んでる血糖値を下げるサプリメントをはじめ、ご紹介しています。
食後の血糖値上昇を抑えるサプリメントや糖をエネルギーに変える働きを高めるサプリメントなどです。
血糖値を下げるサプリメント→